NPO法人れんげ舎

ありのままの自分で世界とつながろう!「場づくり®」で新しい生き方・働き方・コミュニティを創造する設立25年のNPOです。noteでは、自分らしく生きたい人、人が自分らしくいられる場・組織・コミュニティをつくる人に、たくさんのアイデアとインスピレーションをお届け。一緒に実践しよう!

■なにをするサークルか コンセプトは「自分を語り、自分に出会う」。日常で感じたり考えたりしていることを、お互いに書き合い、読み合うことで、自分自身と深く出会い、他者ともつながることが出来ます。 ■活動方針や頻度 サークルの掲示板に直接記入したり、自分のnoteに書いたり、いくつかの方法で書いたり、読んだり出来ます。書き込む頻度は自由ですが、基本的に毎日誰かが何かを書いています(とはいえ、すべてに目を通す必要はありません)。 ■どんな人に来てほしいか 「もっと話したい!」と普段から感じている人に、参加してほしいです。 何気ないおしゃべりの場があると、「あ、自分はこう考えていたんだな」と気付けたり、それを深めたり出来ます。でも、コロナで人と会いづらかったり、近くに人がいてもすれ違いになったりして、そういう時間が取れない場合も多いでしょう。そんな人に、気軽に参加してほしいです。 ■どのように参加してほしいか 素直な自分の気持ちを書こう。他の人の書かれたものは大切に読もう。 そんな優しい気持ちで参加してほしいです。

NPO法人れんげ舎

ありのままの自分で世界とつながろう!「場づくり®」で新しい生き方・働き方・コミュニティを創造する設立25年のNPOです。noteでは、自分らしく生きたい人、人が自分らしくいられる場・組織・コミュニティをつくる人に、たくさんのアイデアとインスピレーションをお届け。一緒に実践しよう!

メンバーシップに加入する

■なにをするサークルか コンセプトは「自分を語り、自分に出会う」。日常で感じたり考えたりしていることを、お互いに書き合い、読み合うことで、自分自身と深く出会い、他者ともつながることが出来ます。 ■活動方針や頻度 サークルの掲示板に直接記入したり、自分のnoteに書いたり、いくつかの方法で書いたり、読んだり出来ます。書き込む頻度は自由ですが、基本的に毎日誰かが何かを書いています(とはいえ、すべてに目を通す必要はありません)。 ■どんな人に来てほしいか 「もっと話したい!」と普段から感じている人に、参加してほしいです。 何気ないおしゃべりの場があると、「あ、自分はこう考えていたんだな」と気付けたり、それを深めたり出来ます。でも、コロナで人と会いづらかったり、近くに人がいてもすれ違いになったりして、そういう時間が取れない場合も多いでしょう。そんな人に、気軽に参加してほしいです。 ■どのように参加してほしいか 素直な自分の気持ちを書こう。他の人の書かれたものは大切に読もう。 そんな優しい気持ちで参加してほしいです。

  • じぶん綴り方(basic)

    ¥500 / 月

    現時点で唯一のプランです。こちらを選択してください。

    • 活動期間に応じたバッジを表示
    • 掲示板の投稿など、現時点でのすべての情報にアクセス出来ます。

リンク

マガジン

  • 生活という活動(今日もれんげ舎)

    れんげ舎は実践する人たちの集まりです。そんなメンバーたちの、日々の取り組みの様子や、活動の裏側をお届けしていきます。それぞれの生活そのものが、自分らしく生きるための活動です。

  • 代表・長田英史のnote

    「場づくり®」を通して新しい生き方・コミュニティを創る仕事をしてきた長田英史のnoteから、自分らしく生きたい人を励ます選りすぐりの記事をまとめています。

  • れんげ舎メンバーのnote

    れんげ舎メンバーのnoteをピックアップしました。

  • 自分らしく生きるための #myしゅぎょう

    れんげ舎では「自分らしく在ること」と「他者とつながること」の両立を追求する取り組みを、ストイックかつカッジュアルに「しゅぎょう」と呼んでいます。定められたしゅぎょうというものはなく、それぞれが自分で決めて勝手にやっています。 このマガジンでは、れんげ舎メンバーが普段の仕事・生活やれんげ舎の事業で取り組んでいる「myしゅぎょう」を紹介していきます。

  • れんげ舎はどうしてnoteを始めるの?

    新しい生き方・働き方・コミュニティを創る活動を25年間続けてきたれんげ舎が今noteを始める理由について、れんげ舎スタッフが対談形式で語り合いました(全3回)

ウィジェット

記事一覧

ありのままの自分をそのまま伝える #myしゅぎょう【いえのみ③】

子育てをしながら、自分らしく暮らすことも諦めない──初めての子育てに挑戦しながら、そんな思いで暮らしています。自分らしく生きるための日々の実践の様子をお届けして…

自分の思ったことを場に出す #myしゅぎょう

れんげ舎メンバーが普段の仕事・生活やれんげ舎の事業で取り組んでいる「myしゅぎょう」を紹介する【myしゅぎょうシリーズ】 今回は、どんなしゅぎょうをしているのかをイ…

コロッケ蕎麦・相談が苦手な理由・生活見直しを語る!

れんげ舎の代表・長田英史のラジオ番組『ことばの灯台』を聴いたメンバーたちが、それぞれに気持ちを揺さぶられた回を語り合います。 今回も前回同様、れんげ舎の中川・小…

かつての夕食時刻に会議おやつを食べながら

こんにちは、れんげ舎note編集長の志摩です。れんげ舎で日常的におこなわれるもの、それは「会議」です。 夜の会議前にふと思ったことを、今回は書きました。 会議におや…

【れんげ舎にあるモノ①】Paper Server

れんげ舎にあるモノを紹介するコラムを始めます。たかがモノ、されどモノ。そのモノが選ばれたのには、それぞれストーリーがあります。そんな小さなストーリーを紹介してい…

仲間と話したら希望が生まれた #myしゅぎょう【いえのみ②】

子育てをしながら、自分らしく暮らすことも諦めない。日常を自分らしく生きるための日々の実践の様子をお届けしています。今回は全3回のうちの2回目。強い孤独感からどのよ…

ありのままの自分をそのまま伝える #myしゅぎょう【いえのみ③】

ありのままの自分をそのまま伝える #myしゅぎょう【いえのみ③】

子育てをしながら、自分らしく暮らすことも諦めない──初めての子育てに挑戦しながら、そんな思いで暮らしています。自分らしく生きるための日々の実践の様子をお届けしています。今回は一人で抱え込まなくていいことに気づいたことについて、お話させていただこうと思います。

仕事と子育ての切り替えは難しいプライベートで何かあっても、仕事に支障がないように気持ちを切り替える。仕事で嫌なことがあっても家庭には持ち帰

もっとみる
自分の思ったことを場に出す #myしゅぎょう

自分の思ったことを場に出す #myしゅぎょう

れんげ舎メンバーが普段の仕事・生活やれんげ舎の事業で取り組んでいる「myしゅぎょう」を紹介する【myしゅぎょうシリーズ】

今回は、どんなしゅぎょうをしているのかをインタビューしました。3名のメンバーの話を3回に分けてお届けします。初回は、普段会社員として働きながら、場づくり支援事業やstand.fm「ことばの灯台」のスタッフとして活躍しているおくDです。

「自分の思ったことを話さないで済む環境

もっとみる
コロッケ蕎麦・相談が苦手な理由・生活見直しを語る!

コロッケ蕎麦・相談が苦手な理由・生活見直しを語る!

れんげ舎の代表・長田英史のラジオ番組『ことばの灯台』を聴いたメンバーたちが、それぞれに気持ちを揺さぶられた回を語り合います。
今回も前回同様、れんげ舎の中川・小山・おくDが、11月の放送から、それぞれの1本を語ります。

コロッケ蕎麦の思い出しま:さて、今月も『プレイバックことばの灯台』を始めます!
今回は2021年11月のstand.fm『ことばの灯台』のエピソードからです。
トップバッターは、

もっとみる
かつての夕食時刻に会議おやつを食べながら

かつての夕食時刻に会議おやつを食べながら

こんにちは、れんげ舎note編集長の志摩です。れんげ舎で日常的におこなわれるもの、それは「会議」です。
夜の会議前にふと思ったことを、今回は書きました。

会議におやつが必要な理由れんげ舎の会議は夜にも開催されます。外で働きながらかかわっている人が多いからです。

れんげ舎の会議には終了時刻なんてヤワなものはありませんので、エネルギー切れしないために、差し入れおやつを持参するメンバーが多いです。コ

もっとみる
【れんげ舎にあるモノ①】Paper Server

【れんげ舎にあるモノ①】Paper Server

れんげ舎にあるモノを紹介するコラムを始めます。たかがモノ、されどモノ。そのモノが選ばれたのには、それぞれストーリーがあります。そんな小さなストーリーを紹介していけたらと思います。初回は代表の長田が担当します。

れんげ舎はだいぶ前からほぼペーパーレス。環境への配慮というより、多拠点での活動スタイルにマッチするので、そうしています。と言いつつなのですが、れんげ舎の会議机には、上の写真のようなPape

もっとみる
仲間と話したら希望が生まれた #myしゅぎょう【いえのみ②】

仲間と話したら希望が生まれた #myしゅぎょう【いえのみ②】

子育てをしながら、自分らしく暮らすことも諦めない。日常を自分らしく生きるための日々の実践の様子をお届けしています。今回は全3回のうちの2回目。強い孤独感からどのように希望を取り戻しつつある現在地まで到達出来たのか、お話させていただこうと思います(前回はこちらです)。

延々と大声で泣く子どもと家に籠もる出産直後の1ヶ月間は里帰りをし、その後自宅に戻りました。公的なショートステイサービスやデイケア(

もっとみる