【れんげ舎にあるモノ①】Paper Server
見出し画像

【れんげ舎にあるモノ①】Paper Server

NPO法人れんげ舎
れんげ舎にあるモノを紹介するコラムを始めます。たかがモノ、されどモノ。そのモノが選ばれたのには、それぞれストーリーがあります。そんな小さなストーリーを紹介していけたらと思います。初回は代表の長田が担当します。

れんげ舎はだいぶ前からほぼペーパーレス。環境への配慮というより、多拠点での活動スタイルにマッチするので、そうしています。と言いつつなのですが、れんげ舎の会議机には、上の写真のようなPaper Serverが置かれています。A4用紙を入れておくための器です。

A4用紙は思考の道具

話し合いをしていて、話の構造が複雑になってくると、大抵ビジュアルが欲しくなります。ファシリテーショングラフィックはわれわれにはおおげさなので、A4用紙に「それってこういうこと?」と図やイラストを描きます。

このPaper Serverは、そんなA4用紙専用の「置き場」です。

ちょっとだけ、意味が分からないでしょう…?
そんなの必要なの? と思う人の方が多いと思うんです。

でも、このPaper ServerがA4用紙を美しく整えて鎮座してくれているだけで、ちょっとしたやりとりがすごくやりやすくなりました!

僕は図にして考えたり説明したりする方なので、いつでも使えるA4用紙が机の上に整えられていると嬉しいです。MacもiPadも大型モニタもあるけれど、紙にさらさらっと何か書いて「こういうこと?」と共有するこのスピード感は、思考するスピードを邪魔しません。

机にA4用紙の定位置をつくった理由

「わかるけど、そのためだけに…? それがないとダメなの?」

と思う人も多いはず。たかがA4用紙を置くだけですからね(笑)。
もちろんダメじゃありません。

でも、私たちは会議の場をものすごく大切にしています。会議の場は主戦場であり、居場所であり、価値の源泉です。だから、そこでのひらめきを共有したり発展させたりすることを、この上なく重要視しています。

尊重されるべきアイデアを粗末に扱えば、可能性を手放すことになります。そこにいる人々が存分に力を発揮できる場があるからこそ、創造された現実があります。

ちなみに、常にゼロベースで考えたいので、ここには裏紙ではなく、新しいA4用紙を置いています。

書いた人:長田英史(れんげ舎代表)
twitter stand.fm *下記が自己紹介記事です。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

「じぶん綴り方」とは、自分自身について語り(書き)、良い聞き手がそれを聞く(読む)、相互に書き合い、読み合うサークルです。自分らしく生きたい人のための「ちょうどいいサイズの場」に、ぜひご参加ください。

スキありがとう!!!
NPO法人れんげ舎
ありのままの自分で世界とつながろう!「場づくり®」で新しい生き方・働き方・コミュニティを創造する設立25年のNPOです。noteでは、自分らしく生きたい人、人が自分らしくいられる場・組織・コミュニティをつくる人に、たくさんのアイデアとインスピレーションをお届け。一緒に実践しよう!