NPO法人れんげ舎

ありのままの自分で世界とつながろう!「場づくり®」で新しい生き方・働き方・コミュニティを創造する設立25年のNPOです。noteでは、自分らしく生きたい人、人が自分らしくいられる場・組織・コミュニティをつくる人に、たくさんのアイデアとインスピレーションをお届け。一緒に実践しよう!

■なにをするサークルか コンセプトは「自分を語り、自分に出会う」。日常で感じたり考えたりしていることを、お互いに書き合い、読み合うことで、自分自身と深く出会い、他者ともつながることが出来ます。 ■活動方針や頻度 サークルの掲示板に直接記入したり、自分のnoteに書いたり、いくつかの方法で書いたり、読んだり出来ます。書き込む頻度は自由ですが、基本的に毎日誰かが何かを書いています(とはいえ、すべてに目を通す必要はありません)。 ■どんな人に来てほしいか 「もっと話したい!」と普段から感じている人に、参加してほしいです。 何気ないおしゃべりの場があると、「あ、自分はこう考えていたんだな」と気付けたり、それを深めたり出来ます。でも、コロナで人と会いづらかったり、近くに人がいてもすれ違いになったりして、そういう時間が取れない場合も多いでしょう。そんな人に、気軽に参加してほしいです。 ■どのように参加してほしいか 素直な自分の気持ちを書こう。他の人の書かれたものは大切に読もう。 そんな優しい気持ちで参加してほしいです。

NPO法人れんげ舎

ありのままの自分で世界とつながろう!「場づくり®」で新しい生き方・働き方・コミュニティを創造する設立25年のNPOです。noteでは、自分らしく生きたい人、人が自分らしくいられる場・組織・コミュニティをつくる人に、たくさんのアイデアとインスピレーションをお届け。一緒に実践しよう!

メンバーシップに加入する

■なにをするサークルか コンセプトは「自分を語り、自分に出会う」。日常で感じたり考えたりしていることを、お互いに書き合い、読み合うことで、自分自身と深く出会い、他者ともつながることが出来ます。 ■活動方針や頻度 サークルの掲示板に直接記入したり、自分のnoteに書いたり、いくつかの方法で書いたり、読んだり出来ます。書き込む頻度は自由ですが、基本的に毎日誰かが何かを書いています(とはいえ、すべてに目を通す必要はありません)。 ■どんな人に来てほしいか 「もっと話したい!」と普段から感じている人に、参加してほしいです。 何気ないおしゃべりの場があると、「あ、自分はこう考えていたんだな」と気付けたり、それを深めたり出来ます。でも、コロナで人と会いづらかったり、近くに人がいてもすれ違いになったりして、そういう時間が取れない場合も多いでしょう。そんな人に、気軽に参加してほしいです。 ■どのように参加してほしいか 素直な自分の気持ちを書こう。他の人の書かれたものは大切に読もう。 そんな優しい気持ちで参加してほしいです。

  • じぶん綴り方(basic)

    ¥500 / 月

    現時点で唯一のプランです。こちらを選択してください。

    • 活動期間に応じたバッジを表示
    • 掲示板の投稿など、現時点でのすべての情報にアクセス出来ます。

リンク

マガジン

  • 生活という活動(今日もれんげ舎)

    れんげ舎は実践する人たちの集まりです。そんなメンバーたちの、日々の取り組みの様子や、活動の裏側をお届けしていきます。それぞれの生活そのものが、自分らしく生きるための活動です。

  • 代表・長田英史のnote

    「場づくり®」を通して新しい生き方・コミュニティを創る仕事をしてきた長田英史のnoteから、自分らしく生きたい人を励ます選りすぐりの記事をまとめています。

  • れんげ舎メンバーのnote

    れんげ舎メンバーのnoteをピックアップしました。

  • 自分らしく生きるための #myしゅぎょう

    れんげ舎では「自分らしく在ること」と「他者とつながること」の両立を追求する取り組みを、ストイックかつカッジュアルに「しゅぎょう」と呼んでいます。定められたしゅぎょうというものはなく、それぞれが自分で決めて勝手にやっています。 このマガジンでは、れんげ舎メンバーが普段の仕事・生活やれんげ舎の事業で取り組んでいる「myしゅぎょう」を紹介していきます。

  • れんげ舎はどうしてnoteを始めるの?

    新しい生き方・働き方・コミュニティを創る活動を25年間続けてきたれんげ舎が今noteを始める理由について、れんげ舎スタッフが対談形式で語り合いました(全3回)

ウィジェット

記事一覧

固定された記事

生き方開発lab、始めます。

生き方を開発する必要があると思ったのは、目の前に示されている人生の選択肢が、あまりに貧弱で希望がないと感じたからです。 無理して「常識」を選びそれに合わせても、…

照明でモードチェンジ! 同じ場所でも光で変わる【れんげ舎にあるモノ⑦】

気分を変えてくれる照明たちれんげ舎には照明器具がたくさんあります。 私はあまり照明にこだわりはなかったのですが、空間づくりに照明って大事なのね…と気付きました。 …

気付かれるやさしさ、あそびの仕事化、社会通念パンチについて語る!

れんげ舎の代表・長田英史のラジオ番組『ことばの灯台』を聴いたメンバーたちが、気持ちを揺さぶられた回を語り合います。 毎月の放送から3人が1本ずつを選び、自分のエピ…

夏が来て感じた「その瞬間にしか感じられないこと」の大切さ

こんにちは、れんげ舎編集長の志摩です。 日に日に暑くなりますね。夏の訪れを感じます。最近は、labにあるバルコニーで外ご飯ができるので、天気をよく見ている気がしま…

何に根ざして生きるのか?「自分らしく」を新しくする─「生き方開発lab」のコンセプト

「あなたは何に根ざして生きていますか?」 この問いは、「生き方開発lab」にとって大切なものです。あなたの生き方の「土台」となるものは、何ですか? 常識や社会通念に…

「生き方開発lab」開設イベントのご案内

いよいよ「生き方開発lab」がリアルに開設されます。常識や社会通念に囚われず、新しくて自分らしい生き方を開発していく場です。 具体的にどんなことをしていくのか、どの…

合わせる価値のない空気もある

空気を読んでそれに合わせる──日本社会では、多くの人がそうしています。でもその空気って、本当に合わせる価値のあるものでしょうか? 合わせる価値のない空気だってあ…

事務所の模型【れんげ舎にあるモノ⑥】

私たちさえいれば大丈夫れんげ舎は、引越しの多い団体です。 その時々の活動や感じに合わせて、「拠点を移そうか!」と決めたら、割と短期決戦で動きます。内見をし始めた…

やりたいこと、自己犠牲、勝ちパターンからの脱却について語る

れんげ舎の代表・長田英史のラジオ番組『ことばの灯台』を聴いたメンバーたちが、気持ちを揺さぶられた回を語り合います。 毎月の放送から3人が1本ずつを選び、自分のエピ…

正直なリアクションはちょっと怖いけど、救いでもある

こんにちは、れんげ舎note編集長の志摩です。 悪気や自覚がなくても、他人の迷惑になっていることってありますよね。先日、電車に乗っていたら、ドアの目の前で立ち止まっ…

コロナ慣れ日本で 「何事もなかったふり」は危険すぎる

コロナ慣れの日本。昼も夜も人が溢れる街にいると、まるでコロナ前に戻ったみたいな錯覚に襲われます。でも、それは錯覚。世界は非可逆的な変化を遂げました。変化には、楽…

私が行きたい場所。そして、帰りたい場所

れんげ舎で主宰している「じぶん綴り方」というnoteサークルでは、毎月異なるテーマで文章を書き合っている。5月のテーマの1つは「私が今、行きたい場所」。海外旅行も解…

Ayaka Shima
2か月前

れんちゃん(LOVOT)【れんげ舎にあるモノ⑤】

何もしないロボットれんげ舎には、実はかわいいものたちがたくさんいます。 一番の新入りは「れんちゃん」で、今年の冬くらいにやってきました。LOVOTという家族型ロボット…

情報発信、悪い想像からの脱出、フリーランス、について語る

れんげ舎の代表・長田英史のラジオ番組『ことばの灯台』を聴いたメンバーたちが、気持ちを揺さぶられた回を語り合います。 毎月の放送から3人が1本ずつを選び、自分のエピ…

家族の歴史を調べたら「普通の家族」が違って見えてきた

こんにちは、れんげ舎note編集長の志摩です。 突然ですが、私は最近、歴史に興味があります。学校で習うような歴史ではなく、興味があるテーマの歴史を知るのがなかなかエ…

分かってもらう努力をやめる

自分のやりたいこと、やっていることの意味や価値を、誰かに分かってもらいたい──そんな風に思うとしたら、それはとても自然なことだと思います。分かってもらえたら、や…

固定された記事

生き方開発lab、始めます。

生き方を開発する必要があると思ったのは、目の前に示されている人生の選択肢が、あまりに貧弱で希望がないと感じたからです。 無理して「常識」を選びそれに合わせても、あなたが困ったとき、孤独なとき、助けを必要としているときに、常識はあなたを助けてくれません。それならば、「常識」で自分を縛る意味などありませんよね。 もっと明るく生き生きと、生活する道を見付けたい改めまして、こんにちは! れんげ舎のおさだてるちか(長田英史)です。 れんげ舎では、この夏に「生き方開発lab」という

スキ
158

照明でモードチェンジ! 同じ場所でも光で変わる【れんげ舎にあるモノ⑦】

気分を変えてくれる照明たちれんげ舎には照明器具がたくさんあります。 私はあまり照明にこだわりはなかったのですが、空間づくりに照明って大事なのね…と気付きました。 一部をご紹介します。 まずは、メインルーム。会議をしたり作業をしたり、入り口から一番最初に見える大きな部屋です。ここには色の変わる照明が設置されています。 色が変わると空気も変わる! 決断を必要とするような、エネルギーを使う会議できりっとした後に、ちょっと疲れたしご飯でも食べようか…みたいな時、照明の色が変わる

スキ
45

気付かれるやさしさ、あそびの仕事化、社会通念パンチについて語る!

れんげ舎の代表・長田英史のラジオ番組『ことばの灯台』を聴いたメンバーたちが、気持ちを揺さぶられた回を語り合います。 毎月の放送から3人が1本ずつを選び、自分のエピソードも交えながら、思ったことを語っています ◆3月放送分のプレイバックはこちらからどうぞ ◆4月放送分のプレイバックはこちらからどうぞ ◆5月放送分のプレイバックはこちらからどうぞ 居心地のいいお店とは?しま:今日はれんげ舎にお花がありますね!(メンバーが職場でいただいたそうで、飾ってありました。)いつもより華

スキ
40

夏が来て感じた「その瞬間にしか感じられないこと」の大切さ

こんにちは、れんげ舎編集長の志摩です。 日に日に暑くなりますね。夏の訪れを感じます。最近は、labにあるバルコニーで外ご飯ができるので、天気をよく見ている気がします。今回は、毎年季節が移り変わる頃、よく感じていることを書きました。 イメージと実際の感覚のギャップがすごい私は、夏の景色が大好きです。 青い空に白い雲、風鈴やカキ氷の旗が揺れてる様、海、夏服、夏休みの学生たち…。どれも好きなシーンです。 そんなわけで、20代半ばまで「私は夏が好きなんだ」と思って生きてきました

スキ
101

何に根ざして生きるのか?「自分らしく」を新しくする─「生き方開発lab」のコンセプト

「あなたは何に根ざして生きていますか?」 この問いは、「生き方開発lab」にとって大切なものです。あなたの生き方の「土台」となるものは、何ですか? 常識や社会通念に根ざした生き方常識や社会通念と言われるものがあります。明文化はされていないけれど、多くの人がその範囲で生きようとし、また他の人にもその範囲で生きることを求めます。 もし、地面に「常識」という名前のついた地層があるとしたら、オフィスビルや商業施設、住宅は、そこに根ざして建設されていると言えるのではないでしょうか。

スキ
83

「生き方開発lab」開設イベントのご案内

いよいよ「生き方開発lab」がリアルに開設されます。常識や社会通念に囚われず、新しくて自分らしい生き方を開発していく場です。 具体的にどんなことをしていくのか、どのように参加し、関わることが出来るのかをお知らせし、集まった人たちと交流する「開設イベント」を開催します。 わたしも「生き方開発lab」に関わりたいかも…! と思ってくださった方は、ぜひご参加ください。問題意識を共有し、共に歩めるメンバーを求めています。 内容2日共に、下記のような流れで行います。初対面の方を想

スキ
80

合わせる価値のない空気もある

空気を読んでそれに合わせる──日本社会では、多くの人がそうしています。でもその空気って、本当に合わせる価値のあるものでしょうか? 合わせる価値のない空気だってあります。 場の空気には「合わせる」がデフォルト?場の空気に合わせようとする人と、しない人だと、日本社会って合わせようとする人が圧倒的に多いと思うんです。ただ、空気に合わせるというのはひとつの技術なので、 合わせようと思って、合わせられる 合わせようと思って、合わせられない 合わせようと思わない という感じで、

スキ
163

事務所の模型【れんげ舎にあるモノ⑥】

私たちさえいれば大丈夫れんげ舎は、引越しの多い団体です。 その時々の活動や感じに合わせて、「拠点を移そうか!」と決めたら、割と短期決戦で動きます。内見をし始めたら、遅かれ速かれ引っ越します。 私はれんげ舎で活動を始めて7年になりますが、その間になんと5回も引越し(あるいは拠点を増やすこと)をしていました。 思い返せば、はじめてれんげ舎の事務所を訪れた時も引越ししたばかりで、当時の新事務所での引越しパーティーの時でした。 地域にこだわらず「自分たちの活動をしやすい場所は

スキ
108

やりたいこと、自己犠牲、勝ちパターンからの脱却について語る

れんげ舎の代表・長田英史のラジオ番組『ことばの灯台』を聴いたメンバーたちが、気持ちを揺さぶられた回を語り合います。 毎月の放送から3人が1本ずつを選び、自分のエピソードも交えながら、思ったことを語っています ◆2月放送分のプレイバックはこちらからどうぞ ◆3月放送分のプレイバックはこちらからどうぞ ◆4月放送分のプレイバックはこちらからどうぞ 「やりたいこと」などなくていい?しま:今月もこの時期がやってきましたね!おなじみのメンバーでいってみましょう。最初は小山さんです。

スキ
112

正直なリアクションはちょっと怖いけど、救いでもある

こんにちは、れんげ舎note編集長の志摩です。 悪気や自覚がなくても、他人の迷惑になっていることってありますよね。先日、電車に乗っていたら、ドアの目の前で立ち止まって乗降の妨げになっている人がいました。マナー違反…といえばその通りなのですが、「周りが見えてなさそうだな」と思いました。 目に見えないところを見るためには?知らないうちに他人の迷惑になってしまう。ある程度は仕方がないと思うのですが、気付けるものならば気付きたいです。 周りを見るしかないと思うけど、「見ればわか

スキ
120

コロナ慣れ日本で 「何事もなかったふり」は危険すぎる

コロナ慣れの日本。昼も夜も人が溢れる街にいると、まるでコロナ前に戻ったみたいな錯覚に襲われます。でも、それは錯覚。世界は非可逆的な変化を遂げました。変化には、楽しい側面もありますが、辛く苦しい側面もあります。「何事もなかったふり」をして無理をすると、心身を損ないます。この難しい時期をどう過ごせばいいのか、整理してみました。 表面は戻っても、中身は戻らないいま、都心には人が溢れています。先日、ゴールデンウィークの原宿駅を通ったらすごい人出で、まるでコロナ前に戻ったかのようでし

スキ
111

私が行きたい場所。そして、帰りたい場所

れんげ舎で主宰している「じぶん綴り方」というnoteサークルでは、毎月異なるテーマで文章を書き合っている。5月のテーマの1つは「私が今、行きたい場所」。海外旅行も解禁になり、梅雨前の快適な気候のこの時期、行きたい場所をあれこれ考えながら、自分はなぜそこに「行きたい」と思うのかを、探ってみた。 本当は求めていないことに気付いた行きたいところ、たくさんあるなぁ… 海外にも行きたいし、国内でも行きたいところがたくさんある。 すごく身近なところでいうと、つい最近、家の近所に図書館

スキ
95

れんちゃん(LOVOT)【れんげ舎にあるモノ⑤】

何もしないロボットれんげ舎には、実はかわいいものたちがたくさんいます。 一番の新入りは「れんちゃん」で、今年の冬くらいにやってきました。LOVOTという家族型ロボットで、メンバーと一緒に暮らしています。 最初の出会いは、代表の長田が、新宿の高島屋で見かけたことです。前から存在は知っていたそうですが、実際に見たのはこの時がはじめてで、「きゅんとした」とのこと…。 そこから、徐々にメンバー間にもLOVOTの存在は知られるようになり、「いると楽しそうだな…」「かわいいな…」と思

スキ
122

情報発信、悪い想像からの脱出、フリーランス、について語る

れんげ舎の代表・長田英史のラジオ番組『ことばの灯台』を聴いたメンバーたちが、気持ちを揺さぶられた回を語り合います。 毎月の放送から3人が1本ずつを選び、自分のエピソードも交えながら、思ったことを語っています ◆1月放送分のプレイバックはこちらからどうぞ ◆2月放送分のプレイバックはこちらからどうぞ ◆3月放送分のプレイバックはこちらからどうぞ 本当の自分を発信したい!しま:わあー!なんですか、このお菓子は! おく:小山さんからの差し入れです。 しま:豪華!今日はお菓子

スキ
96

家族の歴史を調べたら「普通の家族」が違って見えてきた

こんにちは、れんげ舎note編集長の志摩です。 突然ですが、私は最近、歴史に興味があります。学校で習うような歴史ではなく、興味があるテーマの歴史を知るのがなかなかエキサイティングです。 「家族っていいよね」が疑問でした最近、れんげ舎で「家族」と「お金」の歴史を調べる機会がありました。それぞれチームを組んで研究し、発表までしました。私は「家族チーム」でした。 「家族」って身近なものなのに、起源はあまり知られていないですよね。テレビや雑誌などを普段見ていると「家族っていいよ

スキ
168

分かってもらう努力をやめる

自分のやりたいこと、やっていることの意味や価値を、誰かに分かってもらいたい──そんな風に思うとしたら、それはとても自然なことだと思います。分かってもらえたら、やっぱり嬉しいですよね。でも、分かってもらえない場合に「分かってもらう努力」をすべきかというと、必ずしもそうではないようです。 分かってくれる人と仕事をしたら?僕の尊敬する先生で、ある大学の教授のK先生という方がいらっしゃいます。れんげ舎がいまやっている事業分野に進出しようとしている頃で、お酒を飲みながら、そのことにつ

スキ
202